令和2年 今年の夏祭り

過去14回、土曜日の夕方、ご家族や地域の方たちをお招きして行われてきた夏祭り。
雨の年も中止せずに保育室と廊下を使って開催出来てきました。
昨年度は池山地区の伝承芸能「かんこ踊り」をごご披露頂けることになり、嬉しいことに高校生になった卒園児が3人も参加してくれたのです。

しかし、今年は新型コロナウィルスの対策で、諸行事はいつもと違う形を取らざるを得ず、夏祭りも園児だけで平日の昼間に行うことになりました。

当日は朝からの豪雨

雨が止んだタイミングで数人の職員が雑巾とバケツを持って園庭に走り水たまりの水を絞り始めましたが、きれいに水がなくなったところでまた雨が降り出してきました。
それでも、お神輿と踊りは何とか園庭でさせてあげたいとの思いで、プログラムを逆にして、オープニングの後はゲームからスタート。

保護者と一緒というのが子どもたちにとって一番いい形かもしれませんが、時には親の手を離れて友達と自由にブースを回るという経験も、いい思い出になるようで、楽しそうな子供たちを見ながらほっとする職員たちでした。

お神輿と踊りは園庭で

ゲームが一段落するころ雨も上がり、空が明るくなってきました。
水たまりを気にしなくてもいいように、以上児さんたちがサンダルを履いて園庭に集合。
未満児さんたちはデッキから応援してくれて、無事夏祭りのメインイベントを園庭ですることが出来ました。

給食は、いつもと違って「まんぷく食堂」に取りに来て、ひまわり組さくら組は好きなところで食べることにしましたが、なぜか廊下が人気だったそうです。
おやつのかき氷までうきうきのお祭り気分が続き、子供たちにとってはとてもいい夏の思い出になったようです。